社団戦

社団戦二日目 対局後記 – タナカ

第28回社団戦二日目。朝から一日目に続き、ぐずぐずしそうな空模様。7月から8月は将棋のイベントが盛りだくさんで、7月30日のこの日も、渋谷の東急百貨店では将棋まつりの一環として白瀧あゆみ杯が開催されていた様子。同じ都内で、将棋イベントが被ってほしくないものですね。将棋まつりは、後日、ニコ生のタイムシフトで視聴しました。この日は朝から戸辺誠七段がいらっしゃり、対局開始前に訓示をいただきました。午後には森内俊之九段も来訪され、同じく訓示をいただきました。(対局が中断されるという珍しいひとこまでした)自分...
チャンネル

[観戦記] 北尾まどかの戦い マイナビ女子オープン一斉予選 2017.7.22

梅雨明けしたばかりの東京は、それでもなお湿った重い空気がじっとりと肌にまとわりつく。2017年7月22日土曜日、東京 竹橋は熱気と冷気が入り混じることになる。マイナビが主催する将棋マイナビ女子オープンのタイトル戦は、獲得すると<<女王>>の称号を得ることができる。女王とは、なんとも艶めかしくも輝かしい響きだろうか。この日は、女流棋士、予選を勝ち抜いたアマ選手が本選トーナメント入りをかけて一同に会している。将棋の対局には珍しい「公開対局」の形式により、観客が見守る中で複数、同時...
将棋

サンケイ将棋フェスティバル2017

今週の7月24日(月)に、サンケイ将棋フェスティバルを途中から覗いてきました。まずは2回目の指導対局の抽選の列に並んでみましたが、ハズレ。根拠はないけど、なんだか当たる気がしたのだけれども・・・その後、4階へ席上対局を観戦に。深浦先生と永瀬先生の対局。途中からだったので違うかもしれませんが、雁木の戦いだったのかな?女流棋士の先生方は浴衣姿で、「夏」が感じられ、艶やかでよかったです。...
ブログ

初の西武ドーム

初めて西武ドームに行ってきました。西武ライオンズ 対 日本ハムファイターズ。日ハムファンの方に連れてってもらいました。外野の自由席は座席がなく、レジャーシートなどで場所とりが必要ということで、12時開場、14時プレイボールですが、11時半くらいから雨の中並んでました。座席ではないので、周りと少し余裕をもってスペースを確保できるのはよかったです。<ドームなのに場外がホームランが打てる稀有な球場>試合は、西武9 - 2 日ハムで、西武が勝利。日ハムは、去年西武ドームで優勝を決めてますが、この球場とは全体...
チャンネル

[放送後記] 軽快さは爽快さを生む – 戸辺誠七段の夏

高校球児のような日焼けをした戸辺誠七段が、棋風と同じく軽快に話している。彼を棋士だと知らない人は、彼のことを棋士だと推理することはできないだろう。見るからにフットワークが軽そうであり、その健康そうな体躯で、高校の体育教師とも思えるような風貌である。豪快というには雑さがなく、繊細というような華奢さがない、体育会系というほど汗臭さもなく、スポーツマンと表現した方が良いかもしれない。盤上では戸辺攻めの異名の通り、常に攻めの手筋を考えている。ということは、見た目からは想像もつかないほどにギラギラした心を持っ...
チャンネル

羽化前夜 – 長谷川優貴女流二段を迎えて – 放送後記

棋士は何度か生まれ変わる。力強くなるために生まれ変わる。生まれ変わらなければ生き残れない勝負の世界。長谷川優貴は眩い光と共に生まれている。プロ入りしてから4戦目でタイトル挑戦まで駆け上がるという離れ業を成し遂げた。才能ある者の集団の中で目立った功績をあげることは容易いことではないし、容易く許してくれる世界ではないのにだ。それから6年。彼女は関西の女流棋士においては上から数えた方が早い。まだ21歳であるにも関わらず。毎年多くの若い才能が現れ、旧世代を脅かす。だが、若干21歳の長谷川優貴は旧世代とは言い...
チャンネル

[告知] 7.1 (土) 長谷川優貴 女流二段を迎えてトークライブ

2017.7.1 (Sat)10:00-11:30 (10:00-10:30 YouTube 生放送)場所 ねこまど将棋教室 (四谷)入場料 2000円定員 20名申し込み https://goo.gl/forms/8cC17xVLuJOoteuV2関西所属の長谷川優貴 女流二段にお越しいただくこととなりました。 関西の先生ということもあり全く話したことがありません。どんな方なのでしょうか?恒例の〇×質問もやろうと思っていますし、恒例の盤を挟んでツーショット撮影もしようと思っています。加え...
チャンネル

Dreams Come Ture – 加藤一二三九段 77歳 いまだに広がり続ける無限の可能性

ねこまど将棋チャンネル vol.16 に加藤一二三九段にお越しいただいてトークライブを開催した。最近では「ひふみん」の愛称でTVやインターネット放送に出演されていることを見ることが多い。4万人を越えるツイッターのフォロワーは、将棋を知らない人の割合のほうが多いかもしれない。将棋の実績もさることながら、功績という意味においても将棋界の巨人と呼ぶより他ないであろう。何の疑いも持たずに前へ前へと進む様に、人は時として困惑する。加藤九段は、いたってシンプルに、シンプルな情熱を切々と語り、そこに論理の破たんが...
チャンネル

放送後記 長沢女流四段との時間

長沢女流四段に会うのは2回目。前回は3月に金沢文庫将棋サロンにチームで交流戦に行った際に偶然にも長沢先生がいらしており、懇親会で少し話をしていた。そこから物事がトントンと進み、ねこまど将棋チャンネルへにご出演してたただくこととなった。今回の大きな目的は、歌を歌っていただくということである。しかし、単なる将棋教室で手持ちの機材しかない中でどのように放送に音を載せるのかという技術的な問題に課題がある。案の定、当日は色々と問題が出た。そのため、編集作業を行って放送を再アップロードしている。カラオケに行って...
チャンネル

[告知] 長沢女流四段を迎えて ねこまど将棋ミートアップ 4/22(SAT) 19:00-22:00

夜に気軽に将棋を楽しみたいと思い毎月 2日と22日に、ねこまど将棋ミートアップと題した企画を続けている。とくに内容を決める訳でもなく、将棋を指したり、お酒を飲んだりという感じの集いだ。たぶん、ゆくゆくは「スナックまどか」にと目論んでいるが、本人は、せめて小料理屋にして、と言っている。まあ、店名はともかく、将棋というキーワードで集える空間というのを模索している。ひょんなことから、4月22日の夜には長沢女流四段をゲストに迎えることとなった。私は第2回電王戦世代なので、かつて活躍されていた方たちのことをほ...
タイトルとURLをコピーしました